Letter from resistance

--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


30
Category: United Nations   Tags: ---

私たちは日本が軍事政権へ暴走するのを止めなくてはいけない。

レミ・ガイヤールのビデオは、本当に盛り上がっているオリンピックを揶揄しています。.. 実は、オリンピックの喧騒にかこつけて、世界は、軍事政権にグローバルに走りつつある状況です。 オリンピックの開催中にフランスで国際的なフェスティバルが行われましたが警察の厳しい検閲が実行されたので若者達は怒ってしまい、彼らは暴動を引き起こしました。 フランス政府が高い失業率10.5%(日本の失業率3.3%)になっているのを無視しているので、暴動はフランスでいつもすぐに起こります。 人々がバリケードを造る光景は、さながらフランス革命のようです。 動画のフランス人選手は「Je n'oublierai jamais, je n'oublierai jamais le record du monde, tout ça je l'ai fait pour la France ! Merci !僕は決して忘れない。フランスのために僕がやった世界記録を決して忘れない。ありがとう」と言っています。 フランスの失業率10.5%は現在世界ランキング24位なので世界記録ではありませんが経済制裁解除されたばかりのイランの失業率とほぼ同じです。いくらフランスが石油産油国でなかったとしてもフランスの失業率10.5%はひどすぎます。現在のイランは経済成長率4.4%です。エアバスや潜水艦を相手国の工場で生産するという条件でフランスはいくつかの受注に成功していますが、フランスは財政出動をして日本の投資と日本のインフラ技術を採用しオランド大統領は失業率を改善するべきです。
一方、オリンピックの喧騒のさなか、日本の選挙においてムサシコンピューター等による、開票の過程における不正の証拠がいくつも挙がっています。しかし、落選議員の誰もこのことの異議申し立てに立ち上がっていません。そこで2016年7月10日の参議院選挙の選挙結果について、一部の市民グループが、期限の8月9日までに、正式な異議申し立てを高裁に提出しました。この異議申し立ては、いくつかの県と東京の高等裁判所に提出されました。参議院選挙の落選議員は多くいましたが誰も不正選挙のために立ち上がりませんでした。
安倍首相が自由にムサシ・コンピュータで選挙を操作するにもかかわらず、参議院選挙の落選した多くの候補者らは安倍首相に対して無抵抗です。
安倍首相は、リオ・オリンピックの閉会式において、スーパーマリオの役割を果たしました。このビデオの3分17秒に、エイブ首相が現れる東京オリンピックのプロモーション・ビデオを、我々は見ることができます。安倍首相が口ひげを付けたら安倍首相がヒトラーのようになったかもしれないので、安部首相はマリオの口ひげを付けませんでした。閉会式の儀式は見事でした。
しかし、福島原発の施行と対応は止まってしまっています。「凍土壁」が凍らなかったので、結局、「凍土壁」の計画は行き詰まりました。地下水は、福島原子力発電所から海に流入し続けています。日本の科学者が福島原子力発電所の原子炉からデブリを取り出す方法をを提案しているけれども、エイブ政府はデブリを放置したままです。福島原発事故は、エリートサタニストで構成されるCIAの一部の人らによる日本人人工削減計画なのです。彼らはゴイム・家畜として日本人を飼いならそうとしています。そして、安倍首相はそれに逆らいません。福島の放射能汚染が改善されないが、安倍首相は安全基準値を緩和する恐ろしい方針を立て、ほとんどの避難民が強制的に福島に戻るように強制されていることを、神は知っているはずなのです。6本指がある多くの赤ちゃんは福島で生まれているものの、こうした赤ちゃんがあまりにも多いので、1本の指を切り落とす手術は3ヵ月待ちになっています。
福島原発の放射能汚染は対応が止まっています。福島原発の放射能汚染は日本人人工削減計画であり、それがCIAを構成しているエリートサタニスト集団のアジェンダであることも、神は知ってるはずなのです。
ウクライナのとうもろこしがウイルスで感染していたので、中国はウクライナからコーンの輸入を禁止しました。 いっぽう、ウクライナの乳牛がウイルスで感染したとうもろこしを食べているのに、日本は酪農製品をウクライナから輸入しようとしています。
ウクライナ政府と安倍首相はCIAに従属しており、CIAは人体実験のために日本人を利用するつもりなのです。
日本はウクライナのインフラ事業に対して莫大な支援をし続けました。しかし、ウクライナは日本の市民の多くの赤ちゃんを殺すつもりなのですか?
私は、ウクライナ人が恩を仇で返す仕打ちをしても心痛まないなんてびっくりします。
少なくとも日本政府は、ウクライナからすぐに酪農製品ととうもろこしを禁止しなければなりません。

埼玉県20160823
いったいぜんたい、神は何をしているんだろうか?人間は、しばしば醜いです。悪魔は人間の善意をあざ笑います。CIAは、日本人の善意をあざ笑います。安倍政権はちゃくちゃくと恐怖政治・軍事政権へ進もうとしています。そして、沖縄の高江村で、機動隊は沖縄市民の肋骨を折り、多くの老婦人は殴られて、病院に行きました。機動隊がこのビデオで高江市民の女性をすんでのところで絞め殺そうとしているのを、我々は見ることができます。
なぜ、沖縄の市民は、安倍政権に抵抗するのでしょうか?
沖縄の老婦人がまだ少女であった時代、大人達は軍事政権に暴走しようとする日本政府を止めようとしませんでした、だからこそ、彼らは日本が軍事政権に走るのを止めるために安倍政権に抵抗するのです。 それは、戦争末期の最後の年に混乱期に沖縄市民のホロコーストが旧日本軍隊によって実行されたからです。アメリカの兵士らの奴隷になるより死んだほうががましであると旧日本軍隊は沖縄市民を洗脳しました。沖縄の私の親戚の4分の3はアメリカの戦車に対する自爆テロによって爆死しました。あまりにも正確にアメリカ軍の戦車が爆破されるので、そこまで優れた最新鋭の大砲を沖縄に駐留する日本軍は持っていたのかとマッカーサーは真っ青になったそうです。しかし、旧日本軍は沖縄を最初から見捨てる作戦でした。本土決戦を避けるために終戦の準備をするための時間稼ぎに沖縄は血の犠牲となる運命だったのです。沖縄に駐留する日本軍はさほど優れた武器を十分に持っていませんでした。圧倒的な戦略差の中で戦火を逃れながらお腹に地雷を巻きつけた女、子供、老人らが物陰に隠れながら戦車の車列に近づいてアメリカ軍の戦車に身投げしていたに過ぎなかったのです。やがて地雷も底を突き、集団自決するための手榴弾も不発弾で死に切れない事態になりました。沖縄の私の親戚には、母と妹が死にたいと望んだので、鎌で実の母と妹を切り殺したものも、おります。ご遺体が米軍に乱暴されないように焼いて森に埋め自分も死のうとして首をつるための枝を捜していたときに、殺したはずの母や妹の声がして、「あなたは生きて頂戴」と言って母や妹の魂がすすり泣いたそうです。戦争は生きたいという魂の叫びがこだまします。今、命のある私たちは平和を構築することによって無念の思いで戦死した仏さまらへの供養をすることになるのです。平和の尊さは命の尊さです。平和を愛する思いや命の尊さを大切にする心こそ、祖国を愛することになる。
自爆テロと集団自決は、沖縄市民を洗脳することによって、旧日本軍隊によって行われました。もう、本当に我々は戦争を二度と繰り返してはいけないんです。
神は、十分にそれを知っておられる。 しかし、二重の虹が、台風の後日本の埼玉県の東部の空に現れたようでした。この写真を見たとき、私は神が日本に祝福しているのだと思いました。
政府が軍事政権に走ることに対して無関心であってはいけない。
無関心は、犯罪です。
安倍首相は恐怖時代を開始するために緊急事態法を可決するつもりです、しかし、「No」と、私達は言わなければなりません。 自分が独裁者になるために、日本の市民をエリートサタニスト集団の家畜にする恐ろしいアジェンダに安倍首相は同意したのでしょうか?
たとえそうであったとしてもなおかつ、空に現れた二重の虹は美しいです。
神の存在を信じて、平和な社会を構築できるように、私達は安倍首相にNoを言わなければなりません。
そして、日本が恐怖政治や軍事政権に走るのを止めるためにも、同じ筆跡で書かれた投票用紙の存在を発見するために、国連は立ち上がらなければなりません。
私達は、日本が軍事政権に走るのを止めなければなりません。
Musashi
全国の都道府県の投票所に導入されているムサシ・コンピュータは票の数を改ざんすることができます、そして、ムサシ・コンピュータのモデルとなったコンピューターがブッシュ政権で使われていました。そして、このムサシ・コンピュータの会社の筆頭株主は、安倍首相です。
日本の市民や日本を滅亡させる計画に参加し、CIAの家畜でいる代わりに、安倍首相はハザールマフィアによって、安倍首相が独裁者になることができると保証されているのでしょう。
しかし日本が滅亡するときは、ブッシュ一族とロックフェラー一族は安倍首相の頭上に正に核兵器を落とすでしょう。
ISISの大虐殺グループを確立するために麻薬で多くのイスラム教徒を洗脳するブッシュ一族とロックフェラー一族のような人間の屑よりもむしろ日本の市民の声を、安倍首相は聞くべきです。
ブッシュ一族とロックフェラー一族が安倍首相をいろいろと規制しているのに、安倍首相がそれをどうしても拒否ができないならば、安倍首相は軍事政権に日本を走らせる前に、男らしく辞任すべきです。
祖国とは、誰のものですか?
祖国日本は、平和を望む日本人のものです。
祖国日本は、ブッシュ一族とロックフェラー一族のものではありません。
安倍首相が戦争を望むならば、安倍首相には祖国についてなにか言う資格がありません。 日本の市民のフェイスブックは、ムサシ・コンピュータによる不正選挙の話題でいっぱいです。 印刷物をムサシ・コンピューターの機械に通せば、ムサシ・コンピューターは投票用紙を異なる印字に変えることができるのです。 静電気の帯電状況で「ボールペンと鉛筆で書かれた投票用紙」を、ムサシ・コンピュータは、瞬く間にインクとカーボンで離すことができます。これに加えて、ムサシ・コンピュータは、まったく違う言葉に変えて、再びその離れたインクやカーボンを投票のもう一つの空白に付けることができます。 ムサシ・コンピュータがバーコードのデータに手を入れることは、もっと簡単です。 ムサシ・コンピュータは、遠隔操作も可能です。
世界市民がオリンピックで熱狂している間に、不正選挙が長年ムサシ・コンピュータによって実行されていると、2015年4月12日の大阪議会選挙で落選した一人の日本の女性は証言しました
彼女は選挙の無効を大阪高等裁判所で要求しましたが、棄却され、最高裁判所に上訴しているところです。 彼女に投票された投票は、最初はじゃんじゃん計数機から出ていました。しかし、大阪維新の会の選挙管理委員が機械が故障したと主張し、計数機が交換されたのです。すると計数機が取り替えられるとすぐに、彼女の票は計数機から出なくなったのです。そして、大阪維新の会の票は沢山出始めました。
この結果は、彼女は落選だったのです。そして、大阪維新の会の議員がこの選挙で勝ったのです。
hashishita.jpgあたかも「大阪維新の会を導いている橋下徹」が素敵な政治家であるかに見えるとしても、意味不明な薄笑いをしているので、橋下徹には慎重にならねばいけないと思います。
橋下徹が率いる大阪都構想は、2015年5月17日に国民投票によって拒絶されました。 しかしなお、「大阪都構想」を実現させるという野心のために、橋下徹は、ナチスのワイマール憲法を模倣した自民党改憲草案の可決のために安倍首相と協力するつもりです。 自由民主党の現在の幹事長である「二階俊博」によって橋下徹がめちゃくちゃ嫌われているので、ムサシ・コンピューターは「大阪ロ都構想」の国民投票では使われなかったようでした。
橋下が旧日本軍による性奴隷になることを強制された女性を侮辱した発言をしたので、彼は政治的な信用を失っています。 これに加えて、大阪経済の赤字の問題を解決するために伊丹空港が沖縄の辺野古ベースの代替地でなければならないと、橋下は主張しましたが、彼はそれを実現させることができませんでした。
橋下が老人医療と老人福祉と教育の歳費を減らしたので、彼に対する大阪市民の愛情は離れてしまいました。 2016年7月30日に、橋下は3時間以上「安倍首相と彼の数人の側近」と怪しげな会食を取りました。大阪維新の会は、安倍首相が非常事態を宣言すればいつでも、安倍政権が一晩で5000人以上の人々を逮捕できる緊急事態法の可決と協力するつもりです。 橋下は、このところいつも悪魔の微笑みをするようになりました。 ほとんどの日本の人々は、橋下を人間の屑だと考えています。大阪維新の会が選挙で勝ったことは、不自然です。
たとえ大阪維新の会が参議院選挙と府議会選挙で不正選挙に関与していたとしても、誰も驚きません。
        この写真の橋下を見てください。
緊急事態法が可決されるならば彼が多くの市民が恐怖時代によって涙を流すのだと知っているので、橋下はにやけているのです。彼が安倍首相と協力すれば、彼が再び大阪都構想を復活できるのだと、私は思います。 政党の代表とリーダーが安倍首相に好かれナチ政権のワイマール憲法を模倣した自民党改憲草案の可決に協力しさえすれば、「ムサシ-コンピュータ」のおかげで、彼らは、あらゆる選挙で圧勝できるんです。 橋下は、なんと醜い男なんでしょうか!!!

2015年4月12日の大阪府議会選挙に落選した日本女性は、文書で以下の通りに彼女が最高裁判所に上訴しました。 2015年4月12日の大阪府議会選挙に落選した日本女性は、文書で以下の通りに彼女が最高裁判所に上訴しました。
1.大阪府堺市で開催される選挙の不正は、10年以上の間組織的に繰り返されたようでした。 「社会的弱者」を苦しめるために内容によって、大阪府堺市の公務員は、金銭目的でビジネスで「選挙の不正」のアプローチをします。彼らは、とても邪悪です。  
2.これに加えて、ムサシ・コンピューターは、ポートを閉鎖することなく、常にそのシステムの各々のポートを開いています。 そして、ムサシ・コンピュータは、その選挙制度そのものは、遠隔操作することができるように設計されています。 そういうわけで、すべてのムサシ・コンピューターは、誰でもシステムに侵入することができる危険な状況を作っています。
3.堺市が2006年4月の指定条例都市になるので、そのシステムが2006年の基本的なデザイン段階から不当な目的で本来行われていたことを、それは示しています。
4.パスワード(キー)さえ進行中に設定することができないこのシステムは驚くべきことに欠陥製品を使用しているわけです。この選挙制度によって、堺市がほぼ10年も選挙を続けていることが明白です。
5.ムサシ・コンピュータの供給元である会社「ムサシ」がこの問題に強引に参加していることを、不正選挙は示します。 組織化された不正選挙が選挙管理委員会によって牽引されて開催されている事実を認めざるを、得ないです。 (この会社「ムサシ社」は投票読取り分類機のような票装置を提供するだけでありません。 このわずか1社「ムサシ」が、「投票用紙(ポリプロピレン樹脂で被覆されている専用紙)投票箱・投票のための姿勢テーブル票システムのようなソフトウェア選挙スタッフの派遣、機械部品の賃貸・会場設営・装置と機械部品の配送・会場撤去と保管と装置のチェックなどすべて独占しています。)
6.『堺市の旧選挙管理委員会のスタッフ』が出したすべての資格のある有権者の情報」は、500Gのバイトと等しい膨大な量です。それは、680000人の人々の堺市のすべての資格のある有権者の情報です。1人の人につきおよそ30項目が、特定の詳細な個人情報に書かれています。これは、堺市官庁が保つすべての電子データと等しい量で、重大な出来事です。 そして、単なる選挙違反としてそれを片づけることは、許されません。 (正直に言いますと、これはヒラリー・クリントン女史のグーグル電子メールの問題よりはるかに深刻なサイバー問題です!!!!.500Gバイト!!!680、000人の個人情報!!!!!信じがたい。。。
7.ホワイトハウスの情報に職員が中国のハッカーと産業スパイによって流シ始めることよりも、この事件は、はるかに深刻です。どんな客観的なグループが組織(外国の力を含む)の後ろに参加するかについて、誰も見ることができません。
(Aozoraはかくのように思いました。ブッシュ一族とロックフェラー一族によって構成されるハザールマフィアによって、ゴイムとして、日本の人工削減計画の家畜として、日本人を飼いならす計画、日本の絶滅計画と、日中戦争の日本の敗北後、天皇陛下のご一家を北京で処刑する計画。。。
ああ.... ハザールマフィア!!!。あなたがたの嘲笑はもういらない。
ハザールマフィアが直接、大量の札束を食べてみればいいんです。食中毒を起こしてのた打ち回って苦しめばいいんです。)
8.何もこれまでに改善されないまま、今後も、不正選挙が開催される状況は将来続きます。 それは「本当に国の基本的人権を無視した行為」です、そして、それは国会議員に起因します、そして、供給元は票を操作するために選挙管理委員会と共謀します。
9.

堺市議会議員の西村昭三
baba.jpg
おおさか維新の会の幹事長 馬場伸幸
堺市議会議員の西村昭三には、堺市の自由民主党のあらゆるメンバーに、単独で公式認知をする権利があります。 1票につき10000円で差し替えるために、堺市議会議員の西村昭三は、ほぼ警察と「選挙管理委員会」に手を回しています。 この不正選挙のメカニズムを構築したのは、堺市議会議員の西村昭三とおおさか維新の会の幹事長 馬場伸幸です。 日本の総選挙(2005(郵便解散選挙))の時に票を公式に開票する間、堺市議会議員の西村昭三が電話で誰かと話していたと正式な異議申し立てに、その選挙で落選した女性は書き込みました。 おそらく、電話の相手が選挙管理委員会議長であると思われます。 「5000票の箱」が彼の机の下から出てくるとすぐに、そして、選挙の結果がここで翻されました。(2005年9月) 大阪維新の会は、その名前を日本維新の会に変えました。 堺市議会議員の西村昭三は、とりわけ日本のやくざ(マフィア)「山口組」と協力します。
10.不正選挙の実際の状況があまりにひどかったので、彼女はそれを見ないふりをすることができませんでした。 そして、彼女は常に、個人的に不正選挙を調査していました。 誰かが彼女に選挙で負けさせるために確実に常に彼女の票を操作すると感じたので、彼女は選挙に出続けました。 彼女は不正選挙の仕組みを説明したかったし、彼女は犯人が逮捕されることを願いました。
11.多くの人々はこの問題に関連して死んでしまいました。そして、また、彼女の世話をした人も犠牲者になりました。 この事件は、決して許されません。 不正を知っていたので、彼女は二回交通事故に遭遇しました。そして、彼女は現在まだいやがらせを受けています。
(おおお。世界は、不正選挙を糾弾するこの勇敢な女性の存在を知るべきであるとAozoraは思います。彼女は、不正選挙によって軍事政権に走りそうな日本を止めようとしているのです。世界は、彼女に嫌がらせをするのを止めさせるためにも、西村昭三と馬場伸幸の2人の極悪人に対して、声をあげるべきです。もちろん、彼女を暗殺することは許されないことです。彼女が殺されるならば、インターポールは2人の悪者を逮捕するために動かなければなりません。)
12.堺市議会議員の西村昭三はどの候補が前もって倒れるかについて予告することができ、まさに票の数さえ予告することができるのです。 そして、彼は、候補が前もって当選できるという噂を常に広めます。 すべては事前に計画されるのです。
13.大阪維新の会は、この選挙で介護施設と病院を訪問することに集中していました。治療に関連した情報のリストが選挙の前に大阪維新の会に漏洩したという噂が、ありました。 「施設の投票箱のキー管理の人」が情報を外へリークした噂が、常にありました。 そして、これらの詳細な情報が堺市の公務員によって今度は漏洩していることが明らかにされました。
14.許可なしに社会的弱者の票を操作するというのは、社会的弱者はまったく個人として尊重されないことを、それは意味します。 そして、彼らは、投票する自由を完全に失う状況にあります。 それはすべての不正で特に最悪です、そして、これは完全に人権無視の行為です。 堺市が2015年9月13日に発表した報道向けの文書によると、メールによる「不在投票のために対象とされる人」である障害者の等級、各々の障害者番号、代理人の個人情報、送付左記住所としての彼らのリストと「病院と施設の不在投票のデータ」は、流れ始めました。 この公務員には、北区だけでなくすべての区のシステム管理をするために他の区の情報にアクセスする権限もありました。 発見された場所は北区だけでしたが、すべての区の情報も漏洩したかもしれません。
15.故障が、全体でいくつかの機械で22:00頃からそれぞれの区で引き起こされました。 全体でいくつかの機械を変えることによって票のアナログ・データを彼らは変えました、そして、23:44頃にシステムの故障を引き起こしました。 0:34に、機械のシステムは遠隔操作によって侵入されました。そして、すべての堺市選挙区の情報のデジタルデータは新しくされました。 票を変えたので、彼らは途中で開票速報のデータを30分おきに示すことができませんでした。 そういうわけで、堺市は途中で故意にHPの最新版を止めて、サーバーを落とさせました。
16.自由民主党以外の例えば民主党、公明党と共産党の政党によって彼女は支えられたが、彼女は選挙に負けました。 彼女は、選挙の結果を決して納得することができません。 彼女は、差し替えが数百の単位から数千単位まであったと思います。 彼らが投票のボックスを開くことができるならば、数百票がひっくり返されるならば、選挙の結果が変わるかもしれないが、彼女は投票の箱を確かめることができませんでした。 不正選挙が疑われるとき後でそれを確かめるために4年の間あらゆる票を保ちます、しかし、彼女は投票の箱を確かめることができませんでした。
17.堺市スタッフの公務員の不正が明白になるが、票のいかなる科学的な点検も確認されないまま、選挙管理委員会が不公平に書いた内容の証言だけで、法廷はすべてを判断しました。 そして、彼女は第一審(大阪地方裁判所)と控訴審(大阪高等裁判所)で裁判に負けました。 司法は、憲法の改正の勢力に有利な判断をします。
18.故障が全体でいくつかの機械に本当に起こったかどうか誰も不思議なことに調べないという事実がありましたが、大阪高等裁判所の法廷は採決をしました。 堺市が全体でどれくらいの機械を持っているかは、まだ未確認です。
上記は、彼女の告発のダイジェストです。 私は、旧日本軍隊による性の奴隷であることを強制された女性の涙を忘れることができません。 現在の行政、現在の立法と、現在の司法が一般に隠蔽と改ざんを行うので、日本が軍事政権に走るならば、アジアの女性の悲劇は再び繰り返されるでしょう。日本は安倍政権によって三権分立も麻痺しています。 国連は、『旧日本軍隊による「性の奴隷」であることを強制された女性の人権の回復』とすべてのこれらの女性の名誉の回復の主張し続けました。 そして、国連は、日本の国家元首の謝罪を必要だと主張し続けました。 国連が軍事政権に走ろうとする現在の日本を止めないならば、軍事政権がアジア全域で同じ悲劇に生じさせるでしょう。
国連事務局省選挙監視委員会は、2016年7月10日の参議院選挙のあらゆる投票と2015年4月12日の大阪議会選挙のあらゆる投票を監査しなければなりません。
同じ筆跡によって書かれた大量の投票用紙が、あるはずです。現在の日本は、不思議なことに、投票の点検が、可能でない状況です。
そして、ムサシ・コンピュータを用いた不正選挙が、日本で大規模に実行されています。
政治的センスに優れている安倍首相がCIAに従属しているなんて、悲しいことです。 そして、安倍首相が日米の軍事産業の利益だけのために恐怖時代へ日本を暴走させるつもりだなんて、悲しいことです。 安倍首相の政策の全てが凶悪であるというわけではなかったということを私は十分に知っています、そして、安倍首相と戦うのは悲しいことです。
しかし、私には沖縄の血が流れています。
万座毛峠から飛びおり自殺をするように旧日本軍隊によって銃で強制された沖縄市民の声を、私は聞くことができます。
万座毛峠の強風の中で、私にはたしかに声がしばしば聞こえるのです。「嫌です。私たちは生きたい!!!」という声。
沖縄の霊能力者のユタは、魂は7つのマブイで造られると言います。人間はショックを受けると、その土地で若干のマブイを落してしまうようです。 落ちたマブイは記憶となって、その土地にとどまります。それゆえ、私はその声を聞くことができるのです。
戦争や平和に関係なく、沖縄の海のコバルトブルーは常に気高い色をしています。
沖縄の海は、世界で最も美しいです。
そして、沖縄の海は、平和な社会を構築するために、人間は生まれ生きることを常に私に話しかけます。 気高いコバルトブルーであり続ける沖縄の海のように、人間は、平和な社会を構築するためにそもそも存在し続けているのです。
Aozora Japanese Resistance
     



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。