Letter from resistance

02
Category: 未分類   Tags: ---

宣戦布告

 「大阪で『大阪都構想』という住民投票を5月に迎える」。2月20日の衆院予算委員会で、こう切り出した松浪健太幹事長代行は「憲法改正でも、国の形が国民の手で変わっていくんだと示していきたい」「総理は憲法改正を早くやるべきだとは思わないのか」と改憲をけしかけました。
 安倍晋三首相は“待ってました”といわんばかりに、「どういう条項において(改憲)発議をしようかという最後の過程にある」「最後の詰めに入っていく入り口までやっときた」と答弁。「御党も含めて与野党で議論していく」と秋波を送り、改憲発議のために維新の取り込みをはかろうとしています。
1brgn5_e0line.gif ばっかじゃない?官僚のみなさん、松浪周辺調べてふるぼっこにしてやってください。フラッタリーな顔見たくないわ。 軍事政権に突入しないように、官僚のみなさんが必死で頑張ってるのが分からないのん?あほちゃう?あのおっさん!目に余るようならカジノ経営失敗してもっとすんごい赤字になればいいのよ!そんなおべんちゃらたらたら言ってるやつが統一選挙の足引っ張って大阪都構想もぽしゃらせるのよ。松浪によって大阪都構想から大阪人どんびきするでしょう。正直、大阪人の心は維新から離れつつある。松浪のフラッタリー発言で誰が維新に投票するっつうの?自民、維新に投票できないなら公明党か民主党か共産党に投票するしかないじゃない。松浪は世の中を甘く見すぎだわ。官僚さん達はすでに維新もターゲットにしてますよ。安倍内閣の辞任ドミノショーがこの3月は吹き荒れる。4月の桜の散る頃には、安倍内閣は悲惨なことになってるでしょう。官僚さん達は、日本を軍事政権へ暴走しないように守ろうとして必死で動いているんです。官僚さん達は睡眠時間すら削って安倍内閣の不正資金や脱税情報を確保しようとしてくれている。誰からも感謝されずともひたむきに日本を守ろうとしているじゃないの。まるであたかも政治家が正義で官僚が悪であるかのようにマスコミは書くけれども、官僚さん達の努力は、かけがえのないものです。松浪が改憲に露骨に協力するようなら私だって維新も敵として戦うから覚悟しなさいね。
軍事政権を阻止する能力のないような腰抜けのバカ政治家に何ほどのものができるというの?
軍事政権を阻止するためならいつでも大阪都構想なんてつぶれていい。

強制収容所で無辜の市民が泣き叫んで死んでいくよりも、ホロコーストが起きるよりも大阪が借金まみれになるほうがましです。
命が粗末にされない社会こそ、尊い。
Aozora Japanese Resistance
                



1
2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom